忍者ブログ

CHLOE FRAGRANCE COLLECTION

クロエ オード フルール ネロリ EDT・SP 100ml

EAU DE FLEURS NEROLI EAU DE TOILETTE SPRAY 100ml


シンプルなベージュ・カラーを主体とした、機能性と洗練をあわせもつデザインで、2010/11年秋冬のパリ・コレクションで大きな存在感を表した、ハンナ・マクギボン=クロエ。2008年にクリエイティブ・ディレクターに昇格した彼女の、クロエに対するリスペクトがデザインに見事に結実していて、各方面から好感を得ました。

こちらはそんな老舗ブランドのフレグランス・ラインから、2009年に発売されたレディス香水です。「オード・フルール」コレクションとして3作品同時発売された中のひとつとなります。

当時アート・ディレクターを務めていたハンナ・マクギボンの名前は、このコレクションの成功によってクローズアップされたと言われております。3つのアイテムが、それぞれ異なるひとつの花をメインとした香りの構成となっていて、気鋭のパフューマーを起用した香りは、3作品とも優れたプレゼンスを発揮しております。

こちらは「ネロリ」ということで、オレンジの花から抽出される、清らかなホワイト・フローラルの香りを存分に体感できるアロマティック・フローラルの香調をベースにしていて、クリーンでエクセレントなニュアンスが際立った、使い勝手のよいアイテムに仕上げられております。

マンダリン、オレンジ、ローズマリー、クラリセージなどが、すっきりとした広がりのある、リラクゼーションあふれるシトラス・フレッシュを香り立たせるトップから、 ネロリ・エッセンス、ピオニーなどが、ふんわりとエアリーでトランスペアレントなホワイト・フローラルを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはホワイトムスク、アンバー、シダー、トンカビーンズなどが、全体のさらりとした香調をしっとりとしたスウィートでドライダウンさせて、清らかさを損なわせずに、ゴージャスなセンシュアル・クオリティーを際立たせてくれそうです。

調香は、ソフィア・グロージャンとの共作のランコム「トレゾア・スパークリング」やトウスの「イン・ヘブン・ヒム」などを手掛けている、新進パフューマーのアリエノール・マスネ。

香りようによっては、かなりソーピーな心地よさを感じさせてくれそう。ボトルもすばらしく洗練されております。

PR